こしたん

サブカル・アングラ情報サイト

世界一のズブ濡れフェス<S2O JAPAN 2019>にshowtek、Cash Cash、Juicy Mなど6組のトップDJ追加

2019年7月13日(土)、14日(日)の県立幕張海浜公園にて開催される、世界一ズブ濡れになる音楽フェス<S2O JAPAN 2019>の、フルDJラインナップが発表。第2弾ラインナップとして出演が決定したのは、「Showtek」をヘッドライナーに、「Cash Cash」、「Juicy M」、「JULIAN JORDAN」、「Throttle」、「TJR」と、EDMシーンの中でも様々なジャンルの世界トップクラスDJ6組。第一弾で発表した8組と合わせ、全14組の出演が決定した。

日割りラインナップは後日の発表を予定。また現在、S2O JAPANオフィシャルサイトにて、オフィシャル3次先行チケットを5月7日(日)23:59まで受付中となっている。

第2弾DJラインナップ

Showtek(ショーテック)

Sjoerd Janssen と Wouter Janssen による兄弟デュオとして、2001年頃から音楽活動を開始した Showtek。当初はテクノを中心とするも、高速ビートのハード・スタイルを経て、プログレッシヴ・ハウス/テクノなどの EDM へと移行。2013年リリースの「Booyah」が爆発的な大ヒットを記録し、世界中のフェスやクラブイベントで引っ張りだこの存在に。その後も2014年リリースの「Bad」、2015年リリースの「Sun Goes Down」などヒット曲を数多くリリース。2014年の DJ MAG Top 100 DJs では17位にランキングされている。

Cash Cash(キャッシュ・キャッシュ)

ポップ・パンクとEDMサウンドを独自のセンスで融合させたDJトリオ。アメリカ、ニュージャージー州にて、親友同士だったジーンとサミュエルを中心に、前身バンドとなる「The Consequence」を結成。ジーンの弟アレックスも参加し、3人が中心となり本格的な活動を開始。ユニバーサル・レコードより同年10月に1stEP『Cash Cash EP』、12月に1stアルバム『Take it to the Floor』をリリース。Billborad Heatseekers chartで上位にランクインし、日本でも絶大な人気を集めるように。メンバー3人全員がプロデューサーとしても高いスキルを持ち、世界的に有名なアーティストのリミックスなども多く手がけている。

Juicy M(ジューシー・エム)

世界で最も美しい女性DJと称されるウクライナ出身のJuicy M。DJスキルは文句なしのトップクラスで、2010年にはウクライナで開催されたプロDJアワードで「Best Female DJ of the Year」を獲得。自身が立ち上げたレーベル「JUMMP Records」には、才能ある多くの若手アーティストが所属。 FHMやXXLなどの人気雑誌ではモデルとしても活躍しながらも、卓越したDJスキルとその美貌に今ではヨーロッパやアジアをはじめ世界中のイベントやクラブからオファーが殺到している。

JULIAN JORDAN(ジュリアン・ジョーダン)

オランダ出身の音楽プロデューサー。高校を卒業した直後から、既に世界的な活躍を見せる。ダンス・ミュージック・レーベルSpinnin’ Recordsに認められ、デビュー作『Rock Steady』をリリースし、「MIAMI BUZZ CHART 2012」にランクイン。2012年の春には同レーベル所属、TV Rockとの共作『Oxford』をリリース。また2012年8月にはSander van Doornとの共作『Kangaroo』をリリースし、大ヒットを記録。「Turn Up The Beach」、「Dancetour」、「Matrixx at the Park」などのフェスティバル、また世界最大級クラブ「Privilege」にも出演。

Throttle(スロットル)

オーストラリア出身のスロットルはハウスミュージック界でも最も注目を浴びるホットなDJの一人。ディスコ、ジャズ、ヒップホップ、ファンクといった中から、自由自在にフュージョンし、彼自身が「dirty-disco」と呼ぶジャンルへと昇華させている。Avicii『You Make Me』のリミックスが彼のブレークのきっかけとなった。HypeMachine’sチャートでは1位を獲得、Beatportでは12位にランクイン。ヒラリー・クリントンの大統領選挙キャンペーンにも楽曲提供をし、Al unaGeorgeの『I’m In Control』のリミックスで新たな人気を獲得。

TJR(ティー・ジェイ・アール)

アメリカ出身のDJ・音楽プロデューサー「TJR」ことトーマス・ロドスキーは、別名バウンスシーンの帝王。弾まずにはいられないサウンドとヴォーカルを多用したTJRにしか作れない音楽で世界中のオーディエンスを大興奮させている。『Funky Vodka』ではオールドスクールなサンプリングを駆使してBeat PortのチャートでNo1を獲得し、2012年にはラッパーPitbullの最新アルバム『Global Warming』に参加。メジャーでのデビューも果たしている。その実力、人気は世界トップクラスで2014年にはDJ Mag TOP 100 DJsで見事80位にランクインし、EDMシーンをリードする1人として世界に認められた。

第1弾DJラインナップ

Knife Party(ナイフ・パーティ)

ペンデュラムの中心メンバー、Rob Swire とGareth McGrillen によって結成された Electric Zoo等世界中のフェスでヘッドライナーをつとめるダブステップのパイオニア。

Nicky Romero(ニッキー・ロメロ)

若くして世界を代表するスーパーDJ。世界的アーティストやSEKAI NO OWARI「Dragon Night」をプロデュース。2012年にリリースしたシングル「Toulouse」が大ブレイク、ミュージックビデオの再生回数は4億回以上を数える。

Yellow Claw(イエロー・クロウ)

2010年に結成された Jim Aasgier と Nizzle のオランダ人2人組によるデュオ Yellow Claw。「ヒップホップと EDM の融合」というコンセプトが大成功を収め、ファースト・アルバム「Blood For Mercy」は、ビルボードと Beatport のアルバムチャートの1位を獲得。

Bassjackers

YouTubeの月間再生数は約1億回。世界中のステージシーンで人気のオランダ人デュオ。

Jay Hardway

Martin GarrixをメジャーにしたEDM界の次世代スターDJ。

KSUKE

「DJ MAG JAPAN 」ランキングで総合1 位のワールドクラス日本人DJ。

TJO

ジャンルを縦横無尽にプレイするミスターオープンフォーマットDJ。

Vinai

バウンス系EDMの火付け役。兄弟ユニットのイタリア人デュオ。

S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019 開催概要

■日程: 2019年7月13日(土)、14日(日)
■時間: 開場 12:00 開演 14:00
■会場: 県立幕張海浜公園 S2O JAPAN特設会場
■住所: 〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野
■主催: S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019実行委員会
■後援: 千葉市
公式サイト

Return Top