【映画】アングラ娘のオススメ映画『Groove!』。後味スッキリ系の群像劇が好きなら観るんや!!

こんにちは!アンダーグランドなものが大好きな女です。

世間で売れている映画って面白いモノばかりですけど、たまーに「もっとパンチの効いたものが欲しい!」って時ありますよね!?

そんな時はアングラ系の映画に限ります!

今回ご紹介する映画は知る人ぞ知る超名作『Groove』です。

プログレッシブ・ハウス、ハード・ミニマル、D&B、2Stepなんかが盛り上がっていた時代のレイヴカルチャーを描いた本作は、amazonのカスタマレビューが120件あり、星4.5と評価が異常に高い作品なんです。

物語としては『廃ビルに無断侵入してDJを集めてパーティーをする』というアングラな内容で、そのパーティーに集まる人々にスポットを当てた群像劇になっています。

DJ、ドラッグ、ゲイ、セックスなどの文化が色濃く出てきますがドロドロした粘度は全くなく、むしろ後味はスッキリしており「さあ明日も頑張りますか!!」と元気を貰える作品です。

当時超人気のプログレハウスDJのJohn Digweed(ジョン・ディグウィード) もゲスト出演していて見所満載ですが、DVDで日本語字幕や吹き替え版を取り扱っている店がTSUTAYAしかありません。amazonですら日本語対応版が置いていないほど。

▼英語が分からない人はTSUTAYAで借りてください!
TSUTAYAで借りる!

▼英語が分かる人はamazonで購入して観てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です